codama
cover image

奥能登の白菊 (石川) 純米吟醸

都道府県
石川県
タイプ
純米吟醸
精米歩合
55
アルコール度
16
口当たり
甘口
優しい
山田錦
五百万石
タグ
初心者におすすめ
 

一言でいうと?


初心者にもオススメな甘口。クラスで一番おっとりとした癒し系
 

奥能登の白菊とは?


どんなお酒なんかをメモしておきます。
 
能登半島の先端部分の奥能登・輪島に位置する老舗。1722年に海鮮問屋として創業された老舗(もうすぐ創業300年…!)いつの頃からか酒蔵になり、今のオーナーである9代目夫婦によって切り盛りされています。
 
2007年3月震度6強の能登半島地震により、蔵が甚大な被害を受けましたが、同年には一部を残し、新築。奇しくも、つい先日、山形沖の地震の影響により、能登半島に津波注意報が出ていたのをみて、ドキっとした。被害がないようで何よりでした…!
 
生産規模が小さいながら、「特別純米酒」が2017年の全日本空輸(ANA)国際線ファーストクラス提供酒にも選ばれる。
 
今回紹介している「純米吟醸」も2018年全米日本酒歓評会でシルバーを受賞!米の旨味と甘みがとても上品に香ってくる一品になっています。その優しさに包まれると、どんな時でもほっこりとした穏やかな気分になれます。(個人の感想)
 
個人的には姉妹酒である寧々(ねね)も最高に好きなお酒。さらに癒し度と可憐度が増してくるので、またどこかで紹介できる機会がもてるといいな。
 

奥能登の白菊に最適なシーン


温度が常温に近くほど、米の甘みが優しく感じられるようになってくる。だからこそ、キリッと一杯目に飲むのではなく、食事の中盤から出しつつ、終盤までちびちびといってくれたら一番効力を発揮してくれそう。魚介系というよりは山の幸とかに合わせたい。特にきのこ鍋とか、温かいものにプラスオンすることで、よりお互いを引き立てあってくれるような気がします。
 

奥能登の白菊を擬人化すると?


  • クラスで一番おっとりとした癒し系女子
  • 優しさを体現したような包容力が魅力
 

スペック


notion image

酒蔵情報


(株)白藤酒造店
〒928-0077 石川県輪島市鳳至町上町24
+81768222115
 

参考サイト


 

他のお酒もみる